お知らせ
<< お知らせ一覧へ戻る

日本植物学会第76回大会シンポジウムのご案内

加圧凍結法が切り拓く世界

日  時 平成24年9月15日(土)14:30〜17:30
場  所 兵庫県立大学 姫路書写キャンパス シンポジウムF会場 番号1pSF
共  催 認定NPO法人 綜合画像研究支援(NPO IIRS), 日本植物形態学会
後  援 日本女子大学バイオイメージングセンター(日本女子大学BIC)
オーガナイザー 鮫島正純(NPO IIRS), 大隅正子(NPO IIRS・日本女子大学BIC)

シンポジウムの趣旨

細胞小器官は細胞が示す多様な機能の基盤である。そのあるがままの構造を理解するための強力なツールとして、急速凍結法が用いられている。しかし植物の場合、細胞壁を有することからこの方法が導入できる材料はごく限定的であった。この状況を打ち破ったのが加圧凍結法であり、それにより、細胞壁を保持したままの植物組織を、超微細レベルで解析できるようになった。本シンポジウムでは、その様々な具体例とともに、細胞小器官の構造を正しく把握することの重要性を紹介していただく。

プログラム

(敬称略)
14:30〜14:35   はじめに
鮫島 正純(NPO IIRS)
 
14:35〜15:15   講演番号:1pSF01
加圧凍結技法の基礎と応用の歴史
澤口 朗(宮崎大学・医学部)
 
15:15〜15:40   講演番号:1pSF02
植物細胞単膜系オルガネラはどう見えるか-凍結固定と化学固定の比較
斎藤 知恵子(理化学研究所・基幹研究所)
 
15:40〜16:05   講演番号1pSF03
加圧凍結法を用いた植物細胞の分裂準備帯の微細構造解析
唐原 一郎(富山大学大学院・理工学部)
峰雪 芳宣(兵庫県立大学大学院・生命理学部)
 
16:05〜16:30   講演番号1pSF04
加圧凍結法で可能になった三重の葉緑体包膜の再考と多量の炭化水素を細胞外に蓄積するBotryococcus の微細構造の解析
野口 哲子(奈良女子大学・理学部)
 
16:30〜16:55   講演番号1pSF05
加圧凍結法を用いた分裂酵母の超微構造学的解析
許斐 麻美(株式会社日立ハイテクノロジーズ)
大隅 正子(NPO IIRS、日本女子大学BIC)
 
16:55〜17:20   講演番号1pSF06
最新の各種高圧凍結装置とアプリケーションの紹介
伊藤 喜子(ライカマイクロシステムズ株式会社)
 
17:20〜17:30   総合討論
▲ページtopへ
<< お知らせ一覧へ戻る