お知らせ
<< お知らせ一覧へ戻る

日本顕微鏡学会第69回学術講演会シンポジウム (IIRS協賛シンポジウム)
S-5 「超解像顕微鏡技術と生物応用」
Theme: Technology of superresolution microscopy and its application in biology

日  時 平成25年5月20日(月) 14:55〜16:50
日本顕微鏡学会第69回学術講演会1日目)
場  所 ホテル阪急エキスポパーク (B会場)
オーガナイザー 東京大学大学院医学系研究科
IIRS 副理事長
岡部 繁男
山科 正平
Organizers: Shigeo Okabe (The University of Tokyo), Shohei Yamashina (IIRS)

Synopsis: Several different principles of superresolution microscopy have been proposed and these principles have been applied to the resolution of nanoscale structures in biological samples. In this symposium, researchers developing superresolution microscopy and applying this technique to the understanding of biological phenomena will present their data and discuss the future direction of this rapidly growing field.

超解像顕微鏡に関するいくつかの異なる原理が提唱され、これらの原理に基づいたイメージングによって生物試料におけるナノスケールの構造が解像されるようになりつつある。本シンポジウムでは超解像顕微鏡の方法論の開発や生命現象の理解に向けた応用を試みている研究者を集め、現状と急速に進展しつつある本分野の将来について議論したい。

プログラム

座長 :岡部 繁男  Valentin Nagerl

S5-B20pm01 水野 秀昭(Katholieke Universiteit Leuven)
Exploring microdomains on the plasma membrane by superresolution microscopy
超高解像度蛍光顕微鏡法による形質膜上マイクロドメインの解析
S5-B20pm02 徳永 万喜洋(東京工業大学)
Dynamic and entropic molecular interactions by single molecule studies
1分子研究が明かす動的でエントロピー的な分子間・分子内相互作用
S5-B20pm03 根本 知己(北海道大学)
Resolution improvement of multi-photon and confocal microscopy with vector beam
新規レーザー光ベクトルビームを用いた多光子顕微鏡、共焦点顕微鏡の高解像化
S5-B20pm04 Valentin Nagerl(CNRS / Universite Bordeaux Segalen)
Superresolution imaging of synapses in living brain slices using STED microscopy
S5-B20pm05 岡部 繁男(東京大学)
Observation of synapse molecules by using superresolution microscopy
超解像顕微鏡によるシナプス分子の観察
▲ページtopへ
<< お知らせ一覧へ戻る