お知らせ
<< お知らせ一覧へ戻る

日本植物学会第77回大会シンポジウムのご案内

〜新世代の画像情報が切り拓く世界〜

日  時 平成25年9月14日(土) 8:45〜11:45
場  所 北海道大学 高等教育推進機構 N棟/E棟 J会場
主  催 日本植物学会
共  催 日本植物形態学会、認定NPO法人 綜合画像研究支援(NPO IIRS)
後  援 日本女子大学バイオイメージングセンター(日本女子大BIC)
オーガナイザー 鮫島正純(NPO IIRS)、大隅正子(NPO IIRS、日本女子大BIC)

シンポジウムの趣旨

分子の局在をイメージングする技法の発達が、今日の生命科学を発展させてきたが、現在では広範囲な、定量的な、あるいは3Dの新たな画像情報が求められている。本シンポジウムでは、そのような研究として、電子顕微鏡画像の広域取得法と自動画像解析、同位体顕微鏡と二次イオン質量分析による植物組織の元素分析、2光子顕微鏡による光イメージングを駆使した生体レベルでの機能解析を紹介し、植物学研究への今後の展開について議論を深める。

プログラム

(敬称略)
はじめに
鮫島 正純(NPO IIRS)
1. 高圧凍結技法を取り入れた広域透過電顕像撮影システムの開発とその応用
豊岡 公徳(理研・植物科学センター)
2. 電顕画像における注目構造の自動検索法の開発
桧垣 匠(東大・院・新領域)
3. 同位体顕微鏡システムを用いた植物組織内での元素の直接可視化
小笠原 希実(北大・院・農)
4. 二次イオン質量分析法による樹木内の炭素移動の可視化
竹内 美由紀(東大・院・農学生命・生物材料化学)
5. 2光子顕微鏡による深部イメージングで観えてきた植物生殖の実態
水多 陽子(名大・院・理、JST・ERATO)
6. 2光子顕微鏡をもちいた生体脳深部観察法 −植物組織・細胞への応用可能性
根本 知己(北大・電子科学研、JST・CREST)
総合討論
▲ページtopへ
<< お知らせ一覧へ戻る