お知らせ
<< お知らせ一覧へ戻る

日本植物学会第78回大会シンポジウムのご案内

〜細胞の機能を3Dイメージングで観る〜

日  時 平成26年9月12日(金) 14:30〜17:30
場  所 明治大学 生田キャンパス
主  催 日本植物学会
共  催 日本植物形態学会、認定NPO法人 綜合画像研究支援(NPO IIRS)
オーガナイザー 鮫島正純(NPO IIRS)、大隅正子(NPO IIRS)

シンポジウムの趣旨

3Dイメージングの発展により、細胞の微細形態のみならず、その機能を“観る”ことができるようになってきた。本シンポジウムでは、連続超薄切片法、SBF-SEM、FIB-SEM、X線マイクロCT、および2光子顕微鏡を用いて得られた3D再構築像による研究成果を通じて、古典的な連続超薄切片法の効用を再認識するとともに、最新の3D技術の有効性を紹介する。

プログラム

(敬称略)
はじめに
鮫島 正純(NPO IIRS)
1. 藻類バイオと電顕3D
大田 修平, 河野 重行(東大・院・新領域)
2. 連続ブロック表面走査型電子顕微鏡(SBF-SEM)による細胞小器官の形態観察
宮崎 直幸, 村田 和義(生理研・形態情報解析)
3. 植物細胞壁高分解糸状菌の生存戦略
小笠原 渉(長岡技科大・遺伝子制御工学)
4. X線マイクロCTを用いた植物の根および種子の3Dイメージング
唐原 一郎1, 山内 大輔2, 峰雪 芳宣21富山大・理・生物, 2兵庫県立大・院・生命理学)
5. 植物細胞分裂のダイナミクスを2光子顕微鏡を用いて立体的に観察する
村田 隆(基生研・生物進化)
総合討論
▲ページtopへ
<< お知らせ一覧へ戻る