お知らせ
<< お知らせ一覧へ戻る

公益社団法人日本顕微鏡学会 第71回学術講演会シンポジウム
OT-2 IIRSシンポジウム
「SEM、低加速STEMの新たな跳躍」

日  時 平成27年5月13日(水) 13:00〜16:25
日本顕微鏡学会第71回記念学術講演会1日目)
場  所 国立京都国際会館1階(D会場)

シンポジウムの概略

生物分野では固定・包埋試料の切削面の反射電子像や二次電子像を利用して立体再構築する方法が汎用化してきた。SEM試料室内でダイヤモンドナイフにより試料面を連続的に切削しながら、その面からの反射電子もしくは二次電子による画像を連続的に重ねる方法(Gatan 3View)や、ナイフの代わりにFIBで切削処理をおこなうFIB-SEM法、そして、あらかじめ大気中でミクロトームにより連続切片を作製し、SEMで観察するATUM法などが行われている。一方、これらとは別に低加速電圧STEM、Cryo-SEMとして使用する方法など、走査電顕の新たな利用価値が認識されてきた。最近では低加速電圧でも高分解能像が得られるようになり、材料分野でも極表面の構造や低加速STEMによる照射損傷のない高分解能走査透過像が得られている。今後、SEM-STEMの高機能化により当該分野のさらなる発展が期待できる。そこで、「SEM、低加速STEMの新たな跳躍」をテーマとして、新たな使用法により、どのような構造情報が得られるかを討議する。

プログラム

Part1
座長 :岡部 繁男(東京大学大学院)、大隅 正子(綜合画像研究支援)

13pmD_OT2-01 13:00〜13:25 (招)  
ATUMを用いた連続切片からのSEMによる神経組織の立体再構築
岩ア 広英1,2,岡部 繁男1,2
1東京大学大学院,2科学技術振興事業団
13pmD_OT2-02 13:25〜13:50 (招)  
FIB-SEM を用いた骨組織の微細構造解析
網塚 憲生1,長谷川 智香1
1北海道大学大学院歯学研究科 硬組織発生生物学
13pmD_OT2-03 13:50〜14:15 (招)  
セルロース高分解性糸状菌の形態学的解析
小笠原 渉1,志田 洋介1,田原 伸悟1,藤原 南穂1,森川 晃成2,生頼 義久2,多持 隆一郎2,南郷 脩史3,岡田 仁4,大隅 正子4
1長岡技術科学大学,2日立ハイテクノロジーズ,3ラトックシステムエンジニアリング,4綜合画像研究支援
13pmD_OT2-04 14:15〜14:30  
超高圧電子顕微鏡と連続スライスSEMによる細胞小器官の三次元超微構造解析の試み
森山 陽介1,厚沢 季美江1,榎本 早希子2,荒井 重勇2,臼田 信光1
1藤田保健衛生大学,2名古屋大学
13pmD_OT2-05 14:30〜14:45  
連続切片走査電子顕微鏡観察・3D再構築法によるゴルジ装置の立体構造解析
甲賀 大輔1,久住 聡1,牛木 辰男1
1新潟大学大学院 医歯学総合研究科 顕微解剖学分野
13pmD_OT2-06 14:45〜15:00  
SBF-SEMを用いた分裂酵母核構造の形状変化の効率的な定量解析法
中野 賢太郎1,岡田 仁2,宮崎 直幸3,村田 和義3,高木 智子4,佐藤 眞美子4,谷澤 英樹5,野間 健一5,大隅 正子2
1筑波大学,2綜合画像研究支援,3自然科学研究機構・生理科学研究所,4日女大電顕施設,5ウィスター大学
 
Part2
座長 :臼倉 治郎(名古屋大学)、成田 哲博(名古屋大学)
13pmD_OT2-07 15:10〜15:35 (招)  
低加速STEMの現状と今後
末永 和知1
1産業技術総合研究所
13pmD_OT2-08 15:35〜16:00 (招)  
生細胞ナノ空間構造解析用Cryo-in lens-S(T)EMの開発
臼倉 治郎1,成田 哲博1,砂押 毅志2,二村 和孝2,大隅 正子3
1名古屋大学,2(株)日立ハイテクノロジーズ,3日本女子大学
13pmD_OT2-09 16:00〜16:25 (招)  
高分解能SEMにおける画質向上のための試み
佐藤 貢1
1(株)日立ハイテクノロジーズ
▲ページtopへ
<< お知らせ一覧へ戻る