お知らせ
<< お知らせ一覧へ戻る

第38回日本分子生物学会年会 第88回日本生化学会大会 合同大会
BMB2015 フォーラムのお知らせ 名古屋大学ライブイメージングセンターが生み出すもの:
生物学的な発見、そして合成化学が拓く新しい世界

Live Imaging Center of Nagoya University:
biological discoveries, and power of synthetic chemistry

演  者 東山 哲也 名古屋大学トランスフォーマティブ生命分子研究所 教授
日  時 平成27年12月1日(火)18:45〜20:15
会  場 神戸ポートアイランド 第20会場(神戸国際会議場 5F 502会議室)
オーガナイザー 大隅 正子(日本女子大学名誉教授/認定NPO法人綜合画像研究支援 理事長)
山本 正幸(自然科学研究機構 基礎生物学研究所 所長)

講演概要

生命科学を先導する分子生物学において、高分解能可視化技術がこれまでに果たしてきた役割は大きく、当法人は、その具体例を分子生物学会フォーラムの場で毎年紹介してきた。今回講演をお願いした東山哲也教授は、100年以上にわたり多くの研究者の興味を引いてきた植物の生殖過程における“花粉管誘引分子LURE”を同定されるとともに、ライブイメージングに関する画期的な技術開発も進めて来られた。

名古屋大学ライブイメージングセンターは、多くの最先端顕微鏡を取り揃え、専属のチーフコーディネーターを擁するオープンな施設であり、現在、WPIトランスフォーマティブ生命分子研究所(ITbM)により運営されている。その最大の特徴は、ERATO東山ライブホロニクスプロジェクトで開発される技術や、合成化学との異分野融合研究で開発される分子が、速やかに投入される点である。センターのユニークな運営と、そこで生まれる新しい発見や蛍光分子について紹介する。

プログラム

18:45〜18:50 趣旨説明
大隅 正子(認定NPO法人綜合画像研究支援)
18:50〜19:50 名古屋大学ライブイメージングセンターが生み出すもの:
生物学的な発見、そして合成化学が拓く新しい世界
東山 哲也(名古屋大学トランスフォーマティブ生命分子研究所 教授)
19:50〜20:15 総合討論とまとめ
山本 正幸(自然科学研究機構 基礎生物学研究所)
▲ページtopへ
<< お知らせ一覧へ戻る