お知らせ
<< お知らせ一覧へ戻る

日本植物学会第80回大会シンポジウムのご案内

多様な植物現象を理解するためのイメージング
細胞内構造から環境応答まで

日  時 平成28年9月16日(金) 9:30〜12:30
場  所 沖縄コンベンションセンター(沖縄県宜野湾市)
主  催 日本植物学会
共  催 日本植物形態学会、新学術領域研究「環境記憶統合」
認定NPO法人 綜合画像研究支援(NPO IIRS)
オーガナイザー 金岡 雅浩(名古屋大学大学院理学研究科)、植田 美那子(名古屋大学ITbM)

シンポジウムの趣旨

植物の発生や生理的変化、さらには環境への応答などの多様な植物現象を理解するうえで、細胞内の構造や分子の動態を調べることは大きな意味をもつ。本シンポジウムでは、最新のイメージング技術を駆使して植物現象に迫った具体例として、特定分子を可視化するための様々な技術や、組織深部まで観察するためのライブイメージング法、得られた画像から定量的にデータを抽出する手法などの最新技法と、それにより明らかとなってきた植物現象の制御メカニズムを紹介したい。

プログラム

(敬称略)
9:30〜9:35 はじめに
植田 美那子(名古屋大学ITbM)
9:35〜10:00 クロマチン・ライブイメージングへの挑戦
松永 幸大(東京理科大学理工学部応用生物科学科)
10:00〜10:25 植物細胞壁の分解を分子レベルで見たい
五十嵐 圭日子(東京大学大学院農学生命科学研究科)
10:25〜10:50 細胞動態を理解するための画像解析とモデル解析
桧垣 匠(東京大学大学院新領域創成科学研究科)
10:50〜11:00 休憩
 
11:00〜11:25 植物受精卵のライブイメージング:細胞極性とは何か?
植田 美那子(名古屋大学ITbM)
11:25〜11:50 フロリゲンが植物に環境の記憶を刻みこむ過程のイメージング
辻 寛之(木原生物学研究所 植物遺伝資源科学部門)
11:50〜12:15 ストリゴラクトン受容の可視化蛍光プローブ
吉村 柾彦(名古屋大学大学院理学研究科)
12:15〜12:30 総合討論
金岡 雅浩(名古屋大学大学院理学研究科)
▲ページtopへ
<< お知らせ一覧へ戻る