お知らせ
<< お知らせ一覧へ戻る

公益社団法人 日本顕微鏡学会 第73回学術講演会シンポジウム
S5 :「最新イメージング技術を使った植物科学の新展開」

2017年5月31日(水) 9:00〜11:50
日本顕微鏡学会第73回学術講演会2日目)
認定NPO法人 綜合画像研究支援
札幌コンベンションセンター(C会場:1F中ホールB)

セッションの概略

本シンポジウムは認定NPO法人綜合画像研究支援が毎年テーマを変えて行っているシンポジウムである。今回は植物科学に注目し、最新のイメージング技術が植物科学の新展開にどのように貢献しているかを俯瞰できるよう講演者を選んだ。最初の3題(Part 1)は細胞レベルの話題である。最初に光学顕微鏡と急速凍結を利用した電顕の3D観察を使って植物型細胞質分裂様式確立の途中段階に似た褐藻類の細胞板形成の話題を北大の長里氏が提供し、次にクライオ電子線トモグラフィー法を駆使した緑藻の鞭毛運動の分子機構の解析について山梨大の久保氏が解説する。この2題は動物と同様の中心粒を持った中心体を持つ生物であるが、植物は陸上で進化する段階で徐々に鞭毛、中心体を失っていく。そこで、最後に中心体を失った植物の紡錘体形成について、基生研の村田氏が最新のライブイメージング法による取り組みについて講演する。続く2題(Part2)は組織レベルの話で、初めに名大グループによる話題として、鞭毛をなくす代わりに精子を花粉管という入れ物に入れて運ぶ手段を確立した植物の受精過程の現場をライブイメージングで調べる話がなされ、次に兵県大・峰雪氏により、大型放射光施設のマイクロCTを使うことで初めて見えてきた、種子の吸水過程での各細胞への酸素を供給するための空気の通り道の解析の話がなされる。

プログラム

31amC_S5-01 09:00〜09:05
シンポジウム趣旨説明
峰雪 芳宣 兵庫県立大学大学院 生命理学研究科

Part1 ・座長:峰雪 芳宣

31amC_S5-02 09:05〜09:35 (招待講演)
褐藻類の細胞質分裂についての微細構造学的解析
長里 千香子 北海道大学 北方生物圏フィールド科学センター
31amC_S5-03 09:35〜10:05 (招待講演)
Structural biology of Chlamydomonas flagella
久保 智広 山梨大学大学院総合研究部
31amC_S5-04 10:05〜10:35 (招待講演)
多点走査共焦点ディスクによる2光子顕微鏡の時間空間解像度の向上と細胞分裂研究への応用
村田 隆 自然科学研究機構 基礎生物学研究所

Part2 ・座長:大隅 正子

31amC_S5-05 10:35〜11:05 (招待講演)
ライブイメージングによる植物生殖過程の細胞動態の解明
永原 史織 名古屋大学大学院理学研究科
31amC_S5-06 11:05〜11:35 (招待講演)
マイクロCTとSEMで拓く植物の空洞研究
峰雪 芳宣 兵庫県立大学大学院 生命理学研究科

Part3 ・座長:峰雪 芳宣、大隅 正子

31amC_S5-07 11:35〜11:50
総合討論
▲ページtopへ
<< お知らせ一覧へ戻る