お知らせ
<< お知らせ一覧へ戻る

日本植物学会第81回大会シンポジウムのご案内

究極のオルガネラ研究

日  時 2017年9月8日(金) 14:00〜17:30
場  所 東京理科大学 野田キャンパス(千葉県野田市)
主  催 日本植物学会
共  催 日本植物形態学会、認定NPO法人 綜合画像研究支援(NPO IIRS)
オーガナイザー 大矢 禎一(東京大学大学院)、大隅 正子(NPO IIRS、日本女子大学)

シンポジウムの趣旨

酵母は実験室で扱いやすく、真核生物ではじめてゲノムが解読され、高等動植物の研究にも応用できることから、究極のモデル細胞とも呼ばれ多くの先導的な研究が行われてきた。なかでもオートファジーの研究に代表される出芽酵母のオルガネラ研究は今なおインパクトある研究が盛んに行われており、今までの常識を覆すような新しい知見が明らかになってきている。そこで本シンポジウムでは現在一線で活躍する生体膜とオルガネラ研究者が最新の研究成果を紹介し、新たな議論を深める場としたい。

プログラム

(敬称略)
はじめに
大矢 禎一 (東京大学大学院新領域創成科学研究科)
1. 酵母のライブイメージングで膜交通のパラダイムを覆す
中野 明彦 (東京大学大学院理学系研究科)
2. スフィンゴ脂質長鎖塩基の代謝経路の解明
木原 章雄 (北海道大学大学院薬学研究院)
3. Unfolded protein response〜オルガネラ異常検知メカニズム〜
木俣 行雄 (奈良先端科学技術大学院大学バイオサイエンス研究科)
4. 究極のオルガネラ管理機構:オートファジーによるオルガネラ破壊のメカニズム
中戸川 仁 (東京工業大学大学院生命理工学研究科)
5. 出芽酵母におけるミトコンドリアオートファジーの分子機構
神吉 智丈 (新潟大学医歯学総合研究科)
6. 核を巡るtRNAのダイナミクス
吉久 徹 (兵庫県立大学大学院生命理学研究科)
7. 酵母の細胞壁研究の魅力
大矢 禎一 (東京大学大学院新領域創成科学研究科)
総合討論
▲ページtopへ
<< お知らせ一覧へ戻る