お知らせ
<< お知らせ一覧へ戻る

認定NPO法人綜合画像研究支援(IIRS)
第11回可視化技術ワークショップ(共催:日本顕微鏡学会・生体解析分科会)
第16回アカデミックサロンのご案内

綜合画像研究支援(IIRS)は、電子顕微鏡画像を中心に、微細形態科学の分野での画像の研究支援及びその人材育成のための企画を進めています。こうしたIIRSの活動のアウトリーチとして、年一度のワークショップを開催しております。

今回は、日本の先端企業と先端医療に繋がるiPS細胞の開発によって加速された研究の現場における微細形態科学の応用(利用方法等)と次世代技術者・研究者の有り様について、話題を提供して頂く事としました。加えて、次世代リーダーの人材育成について、異分野に学ぶ機会として、スポーツ分野(特にラグビー)の現状と可能性についてお話し頂きます。この催しが参加者にとって有意義な情報を得る場となると共に、IIRSの活動をご理解くださりご支援を頂ける場となることを期待します。

2017年11月11日(土) 13:00〜18:00
ワークショップ:13:00〜15:50
参加費 : 非正会員3,000円 (当日受付にてお支払い下さい),正会員および学生は無料
アカデミックサロン: 16:00〜18:00
参加費 : 会員・非会員・学生にかかわらず2,000円 (当日受付にてお支払い下さい)
東京大学武田先端知ビル5階 武田ホール

第11回可視化技術ワークショップ
「研究開発の現場とその将来一次世代に繋げていくための技術と人材−」

プログラム

13:00〜13:05 開会の挨拶
九州工業大学大学院情報工学研究院 教授 安永 卓生
企業の研究開発現場の現状と将来 −待たれる技術と人材−
13:05〜13:45 「化粧品開発研究への電子顕微鏡の応用」
(株)コーセー研究所 基礎研究室 分析グループ 山下 美香
13:45〜14:25 「魚類不凍タンパク質の開発と実用化に向けた取組
−食品冷凍で培った技術の異分野への展開−」
(株)ニチレイ 技術戦略企画部 基盤研究グループ 石井 寛崇
14:25〜15:00 休憩&商業展示
顕微科学の将来を担う人材育成を考える
15:00〜15:40 「iPS細胞血小板製剤開発に貢献する電顕解析と急がれる次世代電顕形態学者育成」
宮崎大学医学部解剖学講座 教授 澤口 朗
15:40〜15:50 「総合討論」
敬称略

第16回アカデミックサロン
「指導者のあるべき姿とシステム」

プログラム

16:00〜16:10 「研究指導者育成に関する調査研究の成果に基づく将来への提言に向けて」
九州工業大学大学院情報工学研究院 教授 安永 卓生
16:10〜17:00 「異分野にみる指導者育成の在り方(仮題)」
日本ラグビーフットボール協会 コーチングディレクター 中竹 竜二
17:00〜18:00 自由討論
「若手研究者及び研究指導者の育成に関する調査研究から抽出された課題と
解決に向けた提言〜卵が先か親鳥が先か〜」
司会進行:安永 卓生・澤口 朗
敬称略
併設で、商業展示がございます。新製品情報などをご覧いただけます。
申込書 申込書をダウンロードし、必要事項をご記入の上、
FAX(03-6380-8411)またはe-mail(info@jiirs.org)にて、お送りください。
※申込書の閲覧印刷にはAcrobat Readerが必要になります。
申込書ダウンロード(PDF 147KB)
問い合わせ先 認定NPO法人綜合画像研究支援(IIRS)
TEL 03-3515-6477
E-mail info@jiirs.org
▲ページtopへ
<< お知らせ一覧へ戻る