お知らせ
<< お知らせ一覧へ戻る

第40回日本分子生物学会年会
ConBio2017 フォーラムのお知らせ クライオ電子顕微鏡で見る繊毛の構造としくみ
〜 クライオ電子顕微鏡で何が見えるのか? 〜
Structure and functions of cilia observed by cryo-electron microscopy
〜 What can we “see” by cryo-electron microscopy ? 〜

演  者 吉川 雅英(きっかわ まさひで)東京大学大学院医学系研究科 教授
日  時 平成29年12月6日(水曜日)18:45〜20:15
会  場 第24会場 (神戸商工会議所 3F 神商ホールA)
オーガナイザー 川本 進(認定NPO法人綜合画像研究支援 理事/千葉大学真菌医学研究センター 客員教授・横浜市大医学部 客員教授)
登田 隆(広島大学大学院先端物質科学研究科 教授)

講演概要

生命科学を先導する分子生物学において、高分解能可視化技術がこれまでに果たしてきた役割は大きく、当法人は、その具体例を分子生物学会フォーラムの場で毎年紹介してきました。今回講演をお願いした吉川雅英教授(東京大学)は、最先端の電子顕微鏡技術を駆使して、繊毛の構造としくみについての研究などに取組んで大きな成果を上げて来られました。

2017年のノーベル化学賞は、クライオ電子顕微鏡(以降、クライオ電顕)の開発に対して、リチャード・ヘンダーソン、ジャック・デュボシェ、ヨアヒム・フランクの3氏に贈られることになりました。「化学賞」ですが、今回受賞した3人はいずれも物理学の教育を受けています。そしてクライオ電顕によって得られる構造は今や生物学・医学に不可欠な情報となっています。本講演では、クライオ電顕で何を観ることができるのか、それがなぜ難しかったのか、また、日本の現状についてお話しいただける予定です。

プログラム

18:45〜18:50 趣旨説明
川本 進(認定NPO法人綜合画像研究支援・千葉大学・横浜市立大学)
18:50〜19:50 クライオ電子顕微鏡で見る繊毛の構造としくみ
〜クライオ電子顕微鏡で何が見えるのか?〜
吉川 雅英(東京大学大学院医学系研究科 教授)
19:50〜20:00 総合討論とまとめ
登田 隆(広島大学大学院先端物質科学研究科)
▲ページtopへ
<< お知らせ一覧へ戻る