お知らせ
<< お知らせ一覧へ戻る

日本植物学会第82回大会シンポジウムのご案内

電子顕微鏡で観る多様な生命現象

日  時 2018年9月15日(土) 9:00〜11:40
場  所 広島国際会議場
主  催 日本植物学会
共  催 日本植物形態学会、認定NPO法人 綜合画像研究支援(NPO IIRS)
オーガナイザー 豊岡 公徳(理研・環境資源科学研究センター)
大隅 正子(NPO IIRS、日本女子大学)

シンポジウムの趣旨

蛍光イメージングなど特定分子を可視化するための様々な光学顕微鏡技術が発展した現在でも、電子顕微鏡でしか捉えることができない多様な生命現象がある。本シンポジウムは、単細胞藻類から樹木までの多様な生物材料を対象とし、様々な電子顕微鏡技術を駆使して微細構造レベルの解析を行っている演者の方々に講演いただき、その解析例を紹介する。それらを踏まえて現状の形態学の課題とそれを解決する方法について議論する。

プログラム

(敬称略)
はじめに
豊岡 公徳(理研・環境資源科学研究センター)
1. 静と動:電子顕微鏡とmotion analysisで読み解くユーグレナの光運動反応
加藤 翔太 (帝京大学・理工・バイオ)
2. フリーズフラクチャーレプリカ法で観る渦鞭毛藻類の細胞外被形成の過程
岡田 諭子 (高知大・院・黒潮圏)
3. 電顕3Dとハイパースペクトルで見るヘマトコッカス藻のカロテノイド分布とその動態
大田 修平 (国立環境研)
4. 高圧凍結法を用いた藻類・植物の電子顕微鏡解析
佐藤 繭子 (理研・環境資源科学研究センター)
5. イネ種子貯蔵タンパク質グルテリンの小胞体から液胞への細胞内輸送機構の解明
福田 真子 (九州大・院・農)
6. 木材細胞壁における非セルロース性多糖類の局在
粟野 達也 (京都大・院・農)
おわりに
大隅 正子(NPO IIRS、日本女子大学)
▲ページtopへ
<< お知らせ一覧へ戻る