お知らせ
<< お知らせ一覧へ戻る

第41回日本分子生物学会年会フォーラムのお知らせ
細胞の中のクロマチンの動きを見る

演  者 前島 一博 (国立遺伝学研究所 生体高分子研究室教授)
日  時 2018年11月28日(水曜日)19:15〜20:45
会  場 第4会場 (パシフィコ横浜 3F 303)
オーガナイザー 登田 隆(広島大学大学院先端物質科学研究科 分子生命機能科学専攻教授 広島健康長寿研究拠点 (HiHA))
川本 進(認定NPO法人綜合画像研究支援 理事/千葉大学真菌医学研究センター 客員教授・横浜市大医学部 客員教授)

講演概要

ヒトのからだを構成する約40兆個の細胞のそれぞれには、全長約2メートルにおよぶDNAが収められている。DNAはヒストンに巻きつくことによりヌクレオソームを形成し、さらに3次元的に折りたたまれることによりクロマチンを形成する。これまで長いあいだ、ヌクレオソームがらせん状に規則正しく折りたたまれてクロマチン線維ができ、これがさらにらせん状の構造を形成するという階層構造が定説とされてきた。しかし、近年、私たちを含むいくつものグループが、生きた状態に近い細胞を観察することにより、規則正しく束ねられたクロマチン構造は存在せず、ヌクレオソームは細胞のなかに不規則に収納されることを明らかにしてきた。クロマチンは転写、複製、修復をはじめとするゲノム機能や、ガン化や細胞分化など様々な細胞機能に関わるため、生きた細胞におけるクロマチンの実体のさらなる理解がもとめられている。私たちは、細胞のなかをタンパク質1分子のレベルで観察することのできる超解像顕微法を用いることにより、生細胞においてクロマチンを観察した。その結果、多数のヌクレオソームが集まって不規則に折りたたまれることにより“クロマチンドメイン”とよばれるコンパクトな塊が作れられていることを明らかにした。

プログラム

19:15〜19:20 趣旨説明
登田 隆(広島大学大学院先端物質科学研究科 分子生命機能科学専攻 広島健康長寿研究拠点 (HiHA))
川本 進(認定NPO法人綜合画像研究支援・千葉大学・横浜市立大学)
19:20〜20:30 細胞の中のクロマチンの動きを見る
前島 一博(国立遺伝学研究所 生体高分子研究室教授)
20:30〜20:45 総合討論とまとめ
▲ページtopへ
<< お知らせ一覧へ戻る