緊急メッセージ
九州地方、岐阜、長野、豪雨災害へのお見舞い

この度の九州地方、岐阜、長野、を襲っている集中豪雨により被災された皆様に対しまして、心よりお見舞いを申し上げます。

日本は美しい自然を有する平和な国家を築いて参りましたが、自然の脅威に対しては未だ対処できない部分もあり、毎年の様に大きな災害に見舞われております。現在、九州全域および岐阜県、長野県を襲っている、線状降水帯による未曾有の豪雨に際しまして、IIRS 会員の皆様はもとより多くの住民の皆様が大変な災難に遭遇されておられることを思うと、本当に心が痛みます。非常事態宣言は解除されたものの、コロナ過がいまだ収束の兆しを見せない中、この豪雨により心が休まる間もなく災害に遭われた被害者の皆様に対しまして、衷心よりお見舞いを申し上げます。

いまだ豪雨が続いておりますので、予断を許さぬ状況の真っ只中にあるとお察し申し上げます。身の安全をとにかく第一に確保されて、この難局を乗り切られますことを心よりお祈りいたします。

認定NPO法人綜合画像研究支援
理事長 大隅 正子