猛暑お見舞い

IIRS理事長 大隅正子

夏を迎え暑くなればコロナ禍は収まるという楽観論もございましたが、現実には春以上の勢いで毎日のように感染者・重症者の増大が報道され、残念ながら終息の気配さえも見えて参りません。加えて、今年は8月半ばを過ぎましても、例年にもまして日本全国、大変な猛暑・酷暑が続いております。

皆様におかれましては、この暑さに負けず、お元気でご活躍のことと存じます。

何年か前までは、フェーン現象による局所的な酷暑は別にして、気温が体温を超えた際に“猛暑、猛暑”とメディアが騒いでいたように記憶しています。それが今や、36度、37度は当たり前で、全国軒並み38度〜40度を記録するという異常さです。

このように厳しい夏となりましたが、皆様におかれましては、くれぐれも体調に御留意の上、この困難な時期を共に乗り切っていただき益々のご発展をされますことを御祈念申し上げます。